水の安全性を確保

ウォーターサーバー
お試しキャンペーン中
故障したらどうする?
おすすめサーバー
費用
メリット
デメリット
ランニングコスト
使い方
初期費用や入会金
衛生管理
費用を抑えるポイント
選び方
チャイルドロック
会社一覧
サーバー入門
オシャレな部屋向け
オフィス向け
サービスで選ぶ
狭い場所向け
低価格でオススメ!
価格で選ぶ
利用シーン別で選ぶ
味・硬度で選ぶ
品質で選ぶ
国内最大手
安全性で選ぶ
育児中の方向け
硬水が好きな方向け
軟水が好きな方向け

硬水がお好きな方向けウォーターサーバー

水は軟水と硬水があり、ウォーターサーバーにも軟水と硬水があります。
ウォーターサーバーを選ぶ時には、軟水にするか硬水にするか、まずはそこから決めていかなければならないのです。
軟水と硬水にはどのような違いがあるのでしょうか。
硬度が178以上の場合は硬水になり、それ以下の場合は軟水になります。

硬度が高くなるとマグネシウムやカルシウムの含有量が多くなります。
日本の水道水は軟水で、日本人は軟水になれているので味で選ぶならば軟水になるでしょう。
同じ水でも、軟水と硬水の場合は味が全然違うのです。
軟水は飲みやすくすっきりとしていて、硬水はまったりとした感じです。

ダイエットしている人やスポーツしている人には、硬水がおすすめです。
ですのでそのような人は、硬水のウォーターサーバーをレンタルしてみてはどうでしょうか。
ダイエットしている人やスポーツしている人には、なぜ軟水よりも硬水の方が良いのでしょうか。
硬水は脂肪燃焼や新陳代謝アップに役立つと考えられており、ダイエットする前に飲むことでカロリー消費の促進を期待することができるのです。
ダイエットしている場合も、軟水を飲むことによりミネラルをたっぷり補給することができて、疲労回復に役立ち体を強くしてくれます。

また、マグネシウムが豊富に含まれているので、便秘改善にも役立つと考えられています。
便秘に悩んでいる人は、硬水のウォーターサーバーを選んでみてはどうでしょうか。
硬水はマグネシウムの含有量により大人の便秘改善には役立ちますが、赤ちゃんにとっては下痢の元になってしまうので、気をつける必要があります。
硬水でウォーターサーバーを選びたいならば、ウォーターサーバー会社のホームページを見て硬水か軟水か確認してからレンタルするようにしましょう。
インターネットで「ウォーターサーバー」「硬水」とキーワードを打ち検索すると、硬水のウォーターサーバー会社を見つけることができます。
硬水のウォーターサーバーをレンタルしている会社は沢山あるので、比べてより良いところを選びましょう。